ニキビの種類解説

ニキビの初期症状である白ニキビこと閉鎖面皰を解説。できる原因やケアの方法を紹介します
通称黒ニキビといわれる開放面皰。黒っぽいのが特徴ですがそのメカニズムはどうなっているのか!解説していきます
赤ニキビは痛みがあったり跡が残る可能性もあるニキビ!原因やケアの方法を知って早急に対処しましょう
ニキビの中でも一番注意しておきたいのが紫ニキビこと嚢腫です。ではなぜこの嚢腫に注意が必要なのか徹底解説!
ニキビが出来る前の段階である微小面皰とはどういった状態か解説します
似ているけど違う粉瘤とニキビ。もちろんケアや処置の方法も変わってきます。そこで粉瘤とニキビの見分け方や対処方法などを紹介
赤ちゃんの肌にニキビのようなものが「ぶつぶつができることがあります。実はこれ乳児湿疹と呼ばれるものなんです

ニキビができるメカニズム

ニキビの種類は大きく分けて2つ。大人ニキビと思春期ニキビですね。

 

 

思春期ニキビは、その名の通り思春期に起こる皮脂の過剰分泌が原因とされています。
どうして過剰分泌が起こるのかというと、思春期には男性ホルモンが急激に増加するため皮脂が過剰に分泌することが原因とされています。そして過剰分泌された皮脂によって毛穴が詰まり、ニキビとなります。

 

変わって大人ニキビができる原因は様々。例えば理由の一つにあげられるターンオーバーの乱れです。ターンオーバーが乱れると肌の潤いが損なわれ、角質が貯まってしまいます。そのたまった角質が毛穴をつまらせニキビの原因となるのです。

ニキビの種類は状態によって変わる

よく赤ニキビや黒ニキビといわれますが、これはニキビに状態のことを指します。例えば黒ニキビと呼ばれる状態は、毛穴をふさいだ角質が黒く参加した状態です。

 

このコンテンツでは、ニキビの状態によって変わるニキビの種類について解説していきたいとおもいます。
またよくニキビのようであってニキビでない「嚢胞「粉瘤」などについてもご紹介します。
嚢胞や粉瘤をよくニキビと勘違いされがちですが、全く別物のためいくらケアしても治らないことがよくあります。
「全然治らない・・・」とお悩みに方は、粉瘤や嚢胞の可能性もあるのでチェックしてみてくださいね。