オイリー肌でニキビができる原因と対処法

乾燥肌の人にとって、オイリー肌の人は「顔がカサカサになりにくいから羨ましい」などと思われがちですが、実際にはオイリー肌はとても厄介なものです。
オイリー肌の人がもつ悩みとは、「夏は、特に顔がテカりやすい」、「化粧水などでケアしても、時間が経つとべたついてしまう」、「毛穴汚れが目立ってしまう」などではないでしょうか?
それでは早速オイリー肌について解説していきたいと思います。

オイリー肌は脂性肌とも呼ばれることがありますが、今回の記事ではオイリー肌で統一して表記したいと思います。

オイリー肌とは実際どんな肌?

まずオイリー肌を知るうえで、「オイリー肌の定義」をしっかり覚えておきましょう。
一般認識としては、テカりやべたつきが目立つ肌というところではないでしょうか?

実はこの認識、あながち間違ってはいません。「肌質の科学的判別法の開発」はこのように書かれています。

脂っぽさ”は従来から言われているとおり皮表脂質量と直接関連していた。

引用:肌質の科学的判別法の開発

皮表脂質量とは、「皮脂の量」のことですね。この論文によれば、肌の「あぶらっぽさ」が増えるに連れて皮脂の量も増加するとのこと。
ですから乾燥肌よりもあぶらっぽい肌の「オイリー肌」は、皮脂の量が非常に多いという特徴があります。

オイリー肌だとニキビができやすい?

それでは続いて、オイリー肌はニキビができやすいのかということを調べてみたいと思います。
「皮膚常在菌の皮膚状態に与える影響」という論文にはこのようなことが書かれていました。

脂性肌ほど好気性菌,嫌気性菌ともに多く存在することを示しているが我々の結果もそれらと一致した。

引用:皮膚常在菌の皮膚状態に与える影響

この論文には肌の常在菌の量を調べた実験結果がのっており、これによると脂性肌には常在菌が通常よりも多く存在すると記載されていました。
人間の肌にはたくさんの常在菌が存在しています。
そのひとつがニキビの原因とされる「アクネ菌」ですが、これを見るとどうやらアクネ菌の数も多いと考えてよさそうです。

オイリー肌は通常の肌に比べ皮脂の量が多い、そのうえアクネ菌もたくさん・・・
ニキビの原因とされるこの2つが多いオイリー肌はニキビができやすい肌といってもいいでしょう。

POINT

通常でもニキビができやすいオイリー肌ですが、ホルモンバランスやストレスなどによって皮脂がさらに増えた場合、さらにニキビができるリスクが増えてしまうとも考えられます。
ちなみにアクネ菌のほかには「マラセチア菌」も常在菌ですね。マラセチア菌は、かゆみを伴うニキビに似た「マラセチア毛包炎」を引き起こす原因に。
マラセチア菌って何?

ニキビができやすいオイリー肌のスキンケア

では、オイリー肌にはどのようなスキンケアが良いのでしょうか?機能性化粧品の開発(第 3 巻)にはこのような記述がありました。

脂性肌に対しては脱脂力の強い洗顔料を選択

引用:引用:機能性化粧品の開発, 第3巻

やはりオイリー肌ということもあって、脱脂力の強い洗顔料を推奨されているみたいですね。またオイリー肌は皮脂が多い肌質でもありますから洗浄力にもこだわりたいところ。

そして、もうのオイリー肌のスキンケアのポイントは化粧水は「ベタつかないもの」「さっぱりとしたつけ心地のもの」を選ぶこと。
もともと肌の油分が多いのでできるだけ余分な油分を肌へ与えることは避けましょう。
またオイリー肌は毛穴が開きやすいので、ルナメアACレビューはこちらビタミンC誘導体などが配合している化粧水もおすすめです。

編集コメ

当サイトでもっとも評価の高かった洗顔料はルナメアACの「ファイバーフォーム」洗浄力はもちろん、さっぱりとした洗い上がりもさっぱり。5点満点中5点満点かなり素晴らしい洗顔料でした。
また化粧水も、さっぱりしたつけ心地で使用感がすごくよくこちらもおすすめ!実際アクネ部でもラインで現品購入して使っているのでぜひ試してみてください!
ルナメアACレビューはこちら