断食はニキビ改善に効果がある?

最近は健康のために断食を行っている人も多いみたいですね。
そんな断食はニキビにも効果があるという聞かれます。ニキビを早く良くしたい人にとって、とても気になる情報ではないでしょうか?
インターネット上の口コミサイト、まとめサイト、掲示板などには、実際に効果があった書き込みを目にしたこともある方も多いと思いますが、実際のところ断食はニキビに効果があるというのは本当なのでしょうか??

実は断食はニキビにも◎

断食は腸内からアプローチ

肌をキレイにすることでおなじみの断食ですがニキビへの効果も期待できます。
この理由として、ニキビなど肌トラブルには内臓が大きく関係しているからです。一見全く関係ないように思われますが、肌と腸内の健康状態は非常に密接なんですよ!

断食することで内臓からニキビにアプローチ

内臓が疲労すると肌荒れを起こしやすくなり、ニキビとして出てくることがあります。そして、内臓の疲労によって、肌細胞に多くの毒素が行き渡ります。
その結果、肌の水分バランスが乱れ、皮脂の分泌が活発化されます。それだけにとどまらず、肌細胞は乾燥して硬くなり、毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。
このような状態に陥るのを防ぐためには、内臓にお休みを与えるのが効果的です。これが断食ですね。

断食を行うと、慢性的疲労の状態に陥っていた内臓を休ませることができ、また一生懸命働いてくれます。
これによって腸内環境も整えられ、蓄積された老廃物を体外への排出が促進し健やかな肌へと導いてくれます。また、毒素発生の原因となる食物腐敗も防ぐことができますので、体内の毒素レベルの低下効果も期待できます。

断食を行うときに大切なこと

まずは無理せず

ただ断食がいくらニキビにいいといっても一週間の断食なんて難しいですよね。逆に体調を壊してしまいそう。
内蔵を休ませるのは1日でも効果があるので、1日の「プチ断食」を実践しましょう。

プチ断食は1日固形物を食べない方法です。
なので水分はOK。ただ水分は大丈夫と言っても、仕事や学校のある平日はかなり辛いので一日家にいる休日に行うことをおすすめします。
プチ断食にはよく酵素ドリンクがいいといいますが、レモンウォーターもおすすめ。
500mlのペットボトルにスライスしたレモンを入れるだけなので簡単で経済的ですし、清涼感が空腹を緩和してくれます。

断食後は、内臓はとっても敏感な状態になっているので辛いものや味の濃いものは避けましょう。消化の良い物を食べるようにしましょう。

断食後の食事を回復食といいますが、回復食は3日続けたほうがいいという意見もあります。ただこれはダイエット目的に断食するときに言われることが多いので、内臓を休ませるためであればこの限りではないと思います。

プチ断食は継続が必要。まずは月1回、続いて半月に1度など無理なく続けられるペースから始めてみましょう。