厄介な耳にできるニキビに原因や対処法に迫ります

耳のニキビにお悩みの方も多いのではないでしょうか?
耳たぶや耳の中にできるニキビは痛みを伴うこともあり、できるだけ早く治したいものです。
それでは、ニキビを予防し、早く治すためにはどんなケアが必要なのでしょうか?
今回は、どうして耳にニキビが生じる原因をもとに、スキンケア対策をご紹介します。

耳にできるニキビの3つの原因と対策

3つの理由

耳はニキビができやすい環境つ

耳の中は、蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい環境ですからニキビができやすい場所ともいえます。
そんな場所ですから、なにげに汚れた手で触ったり、シャワー浴びた後に拭くことなく放置していたりすると不衛生な状態が悪化したり雑菌が増えニキビができてしまう可能性があります。
ですからニキビを作らないためも、お風呂上りはしっかり耳の中の水分も取ったりこまめにウェットティシュなどで清潔に保つことなども大切です。

耳ニキビはホルモンや生活環境に注意

ホルモンバランスの乱れもひとつの原因ですね。ホルモンバランスが乱れてくると、他の部分と同じように耳にもニキビができやすくなります。
ホルモンバランスが乱れる要因には、食生活上の不摂生やストレスなどが挙げられます。また、不規則な生活もニキビができやすい要因となるため十分注意しましょう。
規則正しい生活を心がけることで、ホルモンバランスが整えられ、ニキビ予防につながります。

耳ニキビはイヤホンに注意

先程お伝えしたとおり、耳は雑菌繁殖しやすい場所です。そしてそれを更に悪化させるのがイヤホン
長時間イヤホンを付け続けていると、耳の中で雑菌が繁殖する恐れがあり、ニキビを悪化させる恐れも。
なのでイヤホンを使う際には、アルコールティッシュなどで清潔にしておきましょう。また、長時間イヤホンをつけるのも極力避けるなど、使い方にも注意しましょう。

以上のように、耳は不衛生になりがちで、雑菌が繁殖しやすいことがニキビの原因となります。
みなさんしっかり原因を知って耳ニキビの対策を講じましょう!

イヤホンの中でも特に耳ニキビが出来やすいタイプ

イヤホンは耳ニキビを悪化させたり作ったりする原因とお伝えしましたが、そんなイヤホンの中でも特に注意したいものがインナーイヤー型イヤホンです。

通勤や通学中は音楽などを聞きながらという人も多いと思いますが、音漏れ防止のためにインナーイヤー型のイヤホンを使っている方がほとんどですよね。
ただこのインナーイヤー型のイヤホンは通常のものに比べ耳の奥に入っていくため特にニキビを作りやすいというデメリットもあります。
インナーイヤー型イヤホンを普段使っていてよくニキビが出来るという方はこれが原因の可能性が高いです。

なのでインナータイプのイヤホンは特に清潔にすうことを心がけましょう。インナータイプのイヤホンからヘッドホンや耳に差し込まないタイプのものに変えるのもいいと思います。