おでこはニキビが出来やすい場所!その理由は皮脂分泌量と髪の毛にある!

おでこにできるニキビ、頑張れば髪の毛で隠せますがやっぱり目立つニキビにはいりますよね。
ですから、やっぱり早く対処しておきたいですよね。 ではどうしておでこにできるニキビの原因はどういったものなのでしょうか?
まず対処するためには、まずその原因を理解することが大切です。そこでおでこにニキビができる原因に迫ってみたいと思います。

おでこにできるニキビの原因

ニキビができる一般的な原因は、皮脂の分泌量が増えると皮脂が毛穴の中に蓄積され、さらに老廃物や古い角質と混ざり合って毛穴を塞がれるためです。
毛穴に詰まった皮脂が原因でニキビができ、その毛穴の中の皮脂を栄養分にしているアクネ菌が増殖すると、ニキビはさらに悪化していきます。

おでこは周囲の部分と比べてみても皮脂の分泌が多い部分。
おでこの周囲とは、眉間、髪の生え際、こめかみなどの部分であり、これらは皮脂の分泌がとても多い場所です。
ですから、比較的ニキビが出来やすい環境であるといえます。

またそれに加え、髪の毛が触れることが影響として挙げられます。
前髪の毛先が触れることで、汚れがつきやすくまた出来たニキビに刺激を与え外部刺激により悪化しやすい環境にあるのです。

編集コメ

ちなみに、おでこのニキビは思春期によくみられますが、思春期にできるニキビは、外部要因に加えホルモンバランスの乱れも大きく関係しています。
そして、皮脂量の増加にあわせて毛穴の成長が追いつかないことも原因に挙げられています。

おでこニキビを作らないためには?

おでこニキビは「皮脂を抑える」「刺激を当てないこと」が重要

おでこは皮脂分泌量が多い場所。
糖質を制限した食生活や睡眠不足を解消することでも皮脂の分泌量は抑えられますが、余分な皮脂を洗い流すことができる洗顔フォームを使ってみるといいでしょう。
ただし洗いすぎると、皮脂の分泌を促すことになりますから過剰に洗顔するのはNG。

またおでこにできているニキビを悪化させないためには、髪の毛で刺激を与えない、またシャンプーやトリートメントの洗い残しがないように心がけましょう。
家にいる時はヘアバンドなどして前髪がニキビに触れないようにしたり、シャンプーやトリートメントはしっかりと洗い直す。
これだけでおでこニキビの悪化はかなり防げると思います

おでこは、一般に新陳代謝が活発になりやすいので跡は残りにくい場所なのでしっかりとしたケアを行えばキレイに治ることがほとんど。
ですから、まず作らない。そして悪化させないことを意識しケアしていいきましょう。