粉瘤とニキビは全く違う!ではそんな2つの見分け方を紹介

皮膚トラブルの1つに、粉瘤(またはアテローム・アテローマ)と呼ばれているものがあります。
見た目的にはニキビに似ているため、ニキビだと勘違いする人が多いですが粉瘤はニキビとは全く別物。
粉瘤の場合はいくらニキビケアの化粧品でケアしても改善されません。そこで、そんな粉瘤についてご紹介します。

粉瘤って何?何が原因でできるの?

粉瘤とニキビ
ニキビは毛穴に皮脂がつまることで発生しますが、粉瘤は、皮膚の内側に嚢胞と呼ばれる袋状になった部分に老廃物などが溜まることによってできます。
女性に比べ男性のほうができやすいというのも粉瘤の特徴です。

ですから皮脂が毛穴に詰まってできるのがニキビと、嚢胞に垢や皮脂が貯まってできるのが粉瘤でありまったく別物。
老廃物が溜まることが原因であるためニキビから粉瘤へと変化をしたり、ちょっとした傷口から粉瘤になることも少なくなりませんが、はっきりとした原因はいまだわかっていません。

ニキビと粉瘤はココが違う!見分け方をご紹介

ニキビと粉瘤は似ているものの、ちょっと違います。そこで粉瘤とニキビを見分けるポイントをご紹介します、

感触

粉瘤の場合には皮膚の下に老廃物が溜まった分、触った時に感触があります。皮膚を触ってコリコリとしたしこりのようなものは、粉瘤である場合が多いです。

凹凸

出典:慶応義塾大学医療健康サイト

粉瘤は毛穴がポツンと黒くなって見えることがあり、場合によっては毛穴の凹凸がはっきり分かる場合もあります。
一方、ニキビは先端に皮脂が詰まっている白ニキビや酸化して黒くなった黒ニキビはあるものの、凹凸はありませんから、毛穴が黒く凹んでいる場合は粉瘤である場合がほとんどです。

臭い

ニキビは特別臭うということはありませんが、粉瘤の場合貯まった老廃物が異臭を放つ場合があります。

粉瘤の治療はニキビとは違い「外科的処置」が必要

まず粉瘤の場合、自宅でのケアでは治りません。
粉瘤は基本的に嚢胞を取り除かなければ完治しないからです。ですから粉瘤の場合は、外科的処置を行いこの老廃物がたまった袋を取り出します。
ちなみに以下の動画では中心をくりぬいて排膿する処置を行っています。苦手な方は閲覧注意!!

ただニキビが炎症を起こすように粉瘤もと炎症起こしているものがあります(炎症性粉瘤)。
炎症を起こしている場合は、ステロイド剤や抗生物質で炎症を抑えるます。そして炎症が収まった後、改めて施術をすることが多いようです。

初期段階の場合は抗生物質で様子をみることもありますが、基本的には切開によって嚢胞を取り除かなければ老廃物がまた貯まると再発する可能性が高いです。
粉瘤は放っておくとピンポン玉ほどにまで大きくなることもあるので、「いつものニキビと違う」と思ったら早めに皮膚科を受診しましょう。