白ニキビ(閉鎖面皰)とは?できる原因やケアの方法を解説

閉鎖面皰とは、ニキビの症状の1つで、別名で白ニキビとも呼ばれています。

白ニキビのほうが聞きなじみのある人も多いかもしれませんね。
ではこの白ニキビこと閉鎖面皰について詳しく解説していきたいとおもいます。

閉鎖面皰こと白ニキビとはどんなニキビ?

「白ニキビ」の名前の通り、白色に小さく膨れるニキビを指します。ニキビの中でも初期の状態ですね。
角栓が毛穴に蓋をしてしまいその中に皮脂が詰まった状態を白ニキビこと閉鎖面皰(へいさめんぽう)とよびます。

まだ炎症を起こしていない状態なので、跡が残ることはほとんど無く、痛みも感じることもありません。
赤色丘疹、別名「赤ニキビ」と呼ばれるニキビはこの白ニキビに常在菌であるアクネ菌が作用して発症します。
白ニキビは発症しやすいですが、比較的治りやすい状態でもあるのでこの時点でしっかりケアしておきましょう。

白ニキビ(閉鎖面皰)のケアは?

白ニキビケアのポイント

白ニキビができるということは、肌の状態が正常時と比べて健康的ではないという指針にもなります。
そのため、白ニキビを見つけたときや増えた時は、肌の状態が悪化しているを知らせるサインと考えて、しっかりしたアをはじめてみましょう。
白ニキビは皮脂の過剰分泌が原因の一つと考えられているので、たまった皮脂をしっかり洗い流すことができる洗顔フォームでケアしてあげましょう。

また肌が乾燥してしまうとバリア機能の低下により、更に皮脂が増えてしまったりや刺激を受けやすくなってしまうため、増加や悪化してしまう恐れも。
ですから保湿ケアもしっかり行いましょう。ベタつくものは避けたほうがいいですね。ニキビに効果的な成分配合の化粧水を使ってもいいかもしれませんね。

POINT

大豆に含まれるイソフラボンなどは男性ホルモンを抑制する働きがあるといわれていますから、食事に取り入れてもいいとおもいます。

イソフラボンの効果

白ニキビ(閉鎖面皰)のケアの注意点

皮膚科では閉鎖面皰ができた場合、小さな穴をあけ中の皮脂を押し出す外科的処置を行いますが、素人が行うと逆に強い刺激や細菌に感染し赤ニキビの原因となるリスクを伴います。
繰り返しになりますが、白ニキビは比較的に治りやすく跡が残り難い状態。
ですからリスクを負って無理につぶすよりも、しっかりケアすることが早く治すための近道だったりします。

もし集中的に白ニキビが増えてきた場合や、かゆみを伴う場合はニキビ以外の疾患の可能性もあるので一度皮膚科を受診してることをおすすめします。