赤ちゃんのニキビ!「乳児湿疹(新生児ニキビ)」の原因を解説!

赤ちゃんの肌に、ニキビによく似た湿疹ができるのをみたことありませんか。
実はこれ赤ちゃんのニキビとも呼ばれることもある乳児湿疹(新生児ニキビ)という症状なんです。
それでは今回は乳児湿疹について詳しく解説していきたいと思います。

※正しくは乳児湿疹というのは生後6か月ごろまでの赤ちゃんの肌にできる湿疹の総称のことを指しますが、新生児ニキビを乳児湿疹と呼ぶ医師もいるため今回は「乳児湿疹」で統一しています。

乳児湿疹の症状とは?

乳児湿疹の症状

この赤ちゃんの肌に合われる乳児湿疹は、思春期ニキビと見た目はほとんど変わりありません。赤いぶつぶつのようなものだったり、中には白い芯があるものもあるんです。
この乳児湿疹は主に顔の周りそして、頭皮などに多きできやすく、かゆみを伴うことがあります。

またアトピー性皮膚炎と非常に酷似しており、医師でも判断が難しいとも言われています。

乳児湿疹ができる原因は?

赤ちゃんの中には、この乳児湿疹が全くできない子もいれば、できやすい子、繰り返しできてしまう子もいます。
ではどうしてこの乳児湿疹ができてしまうのでしょうか?

乳児湿疹ができてしまう要因のひとつに考えられているのが、母親から受けついだホルモンとの関係です。

赤ちゃんの毛穴はまだ発達途中なのでとっても狭いんです。
そんな狭い毛穴なうえに、ホルモンの影響を受けて微量の皮脂の増加でもすぐに乳児湿疹が発生してしまうといわれています。

乳幼児の皮膚は、角質層が薄く、バリア機能も低く皮膚表面は容易に傷つきやすく、雑菌などによる感染のリスク状態にあり、皮膚トラブルを起こしやすい。

引用:乳幼児のスキンケアに関する研究

また上記の解説にもあるように乾燥しやすいうえ、角質層やバリア機能が未発達な赤ちゃんの肌はもともとトラブルが起こしやすいというのも理由の一つに挙げられると思います。

乳児湿疹の対処法を知って赤ちゃんの肌を守る!

具体的な対処法として、乳児湿疹に気付いた時には、肌を擦らず、柔らかい布で優しく皮脂だけを取り除くようにして、ふき取ってあげましょう。
それによって、活発に分泌される皮脂が過剰な状態を取り除くことができます。

また乳幼児のスキンケアに関する研究という論文にはシュガースクラブを使った赤ちゃんの肌の保湿方法について書かれていました。

乳幼児の肌状態は、皮膚の水分値が低く乾燥状態を示しており、統制群との比較から人浴だけでは保湿されないことを明らかにした。実験結果では、実験群においてすべてに有意な上昇が認められ保湿効果があることを明らかにした。本研究結果からシュガースクラブは、保湿効果があり植物性で安全な面から乳幼児のスキンケアに有効であると示唆された。

引用:乳幼児のスキンケアに関する研究

この論文では株式会社アビサル・ジャパンのシュガースクラブが用いられていますが、シュガースクラブは自宅でも簡単に作ることができます。

シュガースクラブの作り方

シュガースクラブのレシピや作り方はネットで色々紹介されています。
↓の動画でもわかりやすくシュガースクラブの作り方を紹介されています

この動画では、精油が使われていませんが使ったほうがいいと思います。
グレープフルーツ、レモン、オレンジなどの精油には、リモネンという洗浄成分が含まれているからです。
※ただしリモネンのどの程度の洗浄効果があるかは未検証

編集コメ

乳児湿疹は、新生児には起こりやすい肌トラブルです。
ですが、普段から肌をキレイに保つことで予防、対処することができますから大事な赤ちゃんの肌をしっかりニキビから守りましょう!

もし、かゆみがひどくなりどんどん広がってくる場合は、医師の診察を受けることをお勧めします。「乳児湿疹の症状とは?」でも触れましたが、乳児湿疹の症状はアトピー性皮膚炎とも非常に似ています。