トコフェロールの3つの効果!ニキビへの効能も併せて紹介

健康管理や血管の悩みなどに広く活用されている『トコフェロール』
実は、お肌の悩みやトラブルに効果が多く期待できる働きを持っている事をご存知ですか?化粧品にも配合されている事が多い成分ですがどのような働きがあり、ニキビに対してはどんな効果が期待できるのでしょうか。
今回はトコフェロールについての詳しい解説と、ニキビにはどんな効果が期待できるのかを解説していきます!

トコフェロール=ビタミン○

トコフェロールはビタミンEの事。
合成や天然、活性型などの違いでトコフェロールの前に名前がついているものもあります。総合ビタミン剤やサプリメントにも多く、身体の外と内側の両方から健康に対して効果が多く期待される成分です。

トコフェロールの3つの効果をチェック

3つの効果

ビタミンE、つまりトコフェロールの主な働きはどのようなものなのでしょう。重要な3つの働きを解説します。

血行促進

血行を促進する効果があります。身体の毛細血管への効果はもちろん、血行促進により肌のターンオーバーを促して肌荒れを防止したり、色素沈着してしまった肌の改善効果が期待できます。

抗酸化作用

サビの元である活性酸素の発生を抑える効果があります。日焼けなどのダメージからシワや肌荒れを防ぎ、保湿の働きが期待できるアンチエイジング効果の高い成分です。

ホルモンバランスの調整

内服の医薬品での働きになりますが、トコフェロールはホルモンの元になる成分で、特に女性ホルモンの元となりストレスや生活習慣で乱れやすい女性ホルモンのバランスを整える効果があります。
女性ホルモンの分泌に変化が起きる生理前後に皮脂の分泌が多くなり、特にフェイスラインのニキビができやすくなる人は、ホルモンバランスが乱れる事でニキビができるのです。生理前後にニキビが増える・ひどくなる人には、トコフェロールが効果的と言えます。

ニキビとトコフェロール

トコフェロールは身体の中へ取り込むビタミン剤やサプリメントと化粧品の成分に含まれている2つがあります。
それぞれのニキビへの効果と注意点を解説していきます。

トコフェロール配合のサプリメントの場合

血行を促進する事で、肌のターンオーバを促して新しい肌が生まれる手助けをします。
また、ニキビ跡がの残らないようにしてくれます。
ホルモンバランスを整える事で、フェイスラインにできる大人ニキビの予防にも効果が期待できるでしょう。
トコフェロールは油のタイプのビタミンです。
摂りすぎてしまうと血行促進効果が出すぎてしまい、出血しやすくなるなどがあるので他にもサプリメントを飲む人は成分にも含まれていないか確認が必要です。

トコフェロール配合の化粧品の場合

抗酸化作用によりニキビの炎症を抑えます。
また、血行促進でニキビ跡を残しにくくしたりシワや肌荒れを防ぐと共に保湿やアンチエイジングが期待できます。
水にトコフェロールは溶けにくい為、たくさん肌にぬると油っぽくなってしまう事があるのでつける量には注意が必要です。

トコフェロールは、身体の中からも、外側からもニキビ。そしてお肌へ効果的な成分です。自分にとってぴったりな量を調節しながら使っていくと良いでしょう。