保湿成分「セラミド」のニキビへの効果!実は肌にはセラミドは必需品

『セラミド配合化粧水』など、CMや広告などでよく目にするセラミドという成分。
このセラミドはニキビケアにも効果があるらしいのです。
セラミドとはいったいどういう成分で、どういう働きがあるのでしょうか?

セラミドとは?

セラミドは『角質細胞間脂質』というもののひとつで、皮膚の一番上の角質層に存在します。私達の肌にもともと存在しているものなんですね。

角質細胞間脂質とは細胞と細胞をくっつける働きを持つもので、セラミドは角質細胞間脂質の約50%を占める主成分なのです。

セラミドの働きは、肌の中に水分を蓄えてうるおいを保つことと、細胞間を水分で埋めて肌の乾燥を防ぎ、外部刺激からのバリア機能を高めることにあります。

セラミドは肌にとって重要な成分

一般的に知られるニキビの原因は、皮脂による毛穴の詰まりです。脂っぽい肌に起こりやすいイメージですよね。
しかし、ニキビは乾燥肌の人にも出来やすいのだそうです。

乾燥肌のニキビの原因は、角質の『過角化』という現象です。
健康な肌では、セラミドが水分を保持して細胞と細胞の間をすき間なく埋めて、バリア機能を高めています。
セラミドが少なくなると、水分が不足し、肌が外部からの刺激を受けやすくなります。このようなバリア機能の低下が起こると、肌は刺激から自らを守るために角質を厚くし、『過角化』が起こるのです。

セラミドが不足すると、肌が乾燥して硬くなり、肌の生まれ変わり=ターンオーバーの乱れも起こります。
古い角質がはがれず、ターンオーバーで入れ替わらないまま硬くなった結果、さらに過角化が起こりやすくなり、結果として毛穴がつまり、ニキビができやすくなるのです。
これが、乾燥肌の人のニキビの原因です。

セラミドは保湿でニキビにアプローチ

ニキビケアには、充分な保湿も必要です。
そこでセラミド配合の化粧品でしっかり保湿して、低下しているバリア機能を強化し正常なターンオーバーに戻してあげましょう。

セラミドは高い保湿効果を持っています。ですから潤いを不足の肌には非常に優秀な成分です。
肌に潤いを行き渡らせることで、古い角質を入れ替えが正常に行われるため、ニキビの原因になる毛穴の詰まりは改善されます。

肌が乾燥しやすくニキビができやすいという方は、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分にも注目して化粧品を選んでみましょう

編集コメ

ニキビケア化粧品(特に化粧水)はさっぱりとした使用感のものが多く保湿力はイマイチというものが多いです。
オイリー肌などこういった化粧水でもいいかもしれませんが、乾燥肌の場合は潤い不足でかえって症状が悪化してしまう可能性も考えられます。
ですから、セラミドをはじめとした保湿成分がしっかり配合されている化粧水を使うなど保湿ケアもしっかり意識しましょう。