サリチル酸の2つの効果!トラブルにならために知っておきたい注意点も紹介

ニキビ予防で使われる事が多いサリチル酸。ビタミンC誘導体 とともによく聞くと成分だと思います。
そんなサリチル酸はどういった働きでニキビに効果を発揮するのでしょうか。
今回は、サリチル酸の働きや効果やまた使うときの注意点をご紹介します。

サリチル酸の主な2つの働き

サリチル酸のニキビへの効果についてですが、主に2つの働きに期待ができます。
この2つの働きとは「ピーリング効果」「抗菌作用」です

ピーリング効果

サリチル酸といえばピーリング

サリチル酸には肌のピーリングをする効果があります。ご存知の通り、ピーリングとは肌表面の硬くなった角質を溶かし、皮脂よごれなどで起きた毛穴の詰まりを解消する働きです。
角質や汚れが毛穴をふさぐとニキビの原因になります。サリチル酸は「角質溶解作用」があるため、その詰まりの原因となる角質を溶かすことができます。
またサリチル酸には肌を軟化作用する働きもあります。
古い角質が取れて柔らかくなった肌は、化粧水や美容液の成分が浸透しやすくなります。

抗菌作用

肌を守る抗菌作用効果

ニキビの原因には「アクネ菌」が深く関係していますが、サリチル酸には抗菌作用がありこのアクネ菌を殺菌して増加を抑えてくれるのです。
アクネ菌が増殖を防ぐことはニキビの予防にもなりますので、ニキビケア化粧品に使われることが多々あるのです。

この二つの働きで、ニキビができるのとできてしまったニキビの悪化を防ぐ働きがあると言えます。

サリチル酸のニキビケアを使う時に気をつける事

サリチル酸は配合される濃さで期待される働きが変わってきます。
例えば成分の濃度が高くなるとタコや魚の目の治療の薬として使われることも。

これを見てもわかる通り、刺激は少なからず強いです。
肌が弱く、乾燥肌の人が使うと乾燥が悪化して肌のつっぱり感が出る事もあり、最悪の場合皮膚に湿疹が現れたりニキビがひどくなる場合もあります。

万が一、ピリピリと肌への刺激が強いなと感じた場合や肌のトラブルが現れた場合は使用を中止することをおすすめします。