大豆でおなじみイソフラボン


イソフラボンとは、抗酸化作用を持つことで有名なポリフェノールの仲間で、大豆由来の成分のことを指します。
イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに良く似た働きをすることで有名ですよね。
そのイソフラボンが、実はニキビケアにも有効なのだそうです。では実際どのような効果が得られるのでしょうか?

イソフラボンとエストロゲン

女性ホルモンのエストロゲンが減少したりして、ホルモンバランスが崩れると、様々な不調が起こります。

 

生理前症候群や更年期障害などが分かりやすい例ですね。

 

イソフラボンは、先述の通り女性ホルモンのエストロゲンと似た性質をしています。

 

女性ホルモン(エストロゲン)のバランスが崩れたとき、イソフラボンを摂取すると、足りない部分を補って体の調子を整えてくれます。

 

イソフラボンは、体内にエストロゲンが足りないときに、代わりとなって働いてくれるのはもちろん、エストロゲンが過剰分泌された時には、その働きを抑える役割もあります。

 

イソフラボンは、エストロゲンのバランス調整をしてくれるのですね。

イソフラボンがニキビに効果的な理由

 

エストロゲンには、皮脂分泌を抑えたり、コラーゲンを生成したりと、肌の調子を整える作用もあります。
ですから、女性ホルモンのバランスが崩れると、肌の調子も悪くなります。
普段はニキビがそんなに出来るわけではないのに、生理前になるとニキビに悩まされる、という人がいますね。
こうした生理周期に影響されるニキビは、ホルモンバランスの乱れが原因です。ニキビ対策として、洗顔や薬による殺菌等がありますが、ホルモンバランスが原因のニキビなら、これらは効果はありません。

 

イソフラボンを摂取し、減少したエストロゲンを補うことにより、乱れたホルモンバランスを調整して、ニキビなどの肌トラブルを改善する事が出来ます。

イソフラボンを摂取するには

 

女性の体に大変良い効果をもたらすイソフラボン。
他にも、更年期障害の症状緩和や骨粗しょう症の予防、抗酸化作用により、生活習慣病の予防やがんの予防など、様々な効果があります。

 

ぜひ摂り入れたいものですが、大豆といわれてもそうそう食べませんよね。

 

ですが、大豆そのものは食べなくても、豆腐や豆乳、お醤油、味噌、納豆など、イソフラボンは食品からの摂取が十分出来る成分です。

 

イソフラボンを過剰に摂り過ぎると、かえって女性ホルモンのバランスを崩したりする恐れがあるようですが、それはサプリメントなどで摂取した場合です。
商品からの摂取で摂り過ぎる事はまず難しいので、普段の食生活に大豆や大豆加工食品などを取り入れてみるといいですね。

 

ただし、大豆にアレルギーがある人は、大豆だけでなく、大豆加工食品、サプリメントも摂ることができませんので、ご注意くださいね。

「イソフラボンの効果」と
あわせて読みたい記事はこちら

 

フラーレンの効果
ピオニンの効果
セラミドの効果