ニキビに効果的な有効成分をご紹介します記事一覧

ビタミンC誘導体に代表的な5つの効果を解説します
ニキビの原因は様々な要因がありますが、今最も有力視されているのはこういう説です。
ニキビの有効成分「トコフェロール」について解説しています
サリチル酸には主に2つの効果が期待できます。また併せて知って起きた注意点も要チェック。
イソフラボンはニキビに有効な成分の一つ。その効果や女性ホルモンとの関係について解説!
今注目されているフラーレンの効果について解説しています
感光素201号と呼ばれることのあるピオニンの効果を徹底解説
セラミドはすでにご存じの方も多いと思いますが、実際どのように肌やニキビにアプローチしているかご存知ですか?
昔から漢方にも使われるグリチルリチン酸の効果や使い方を紹介しています

化粧品に含まれる有効成分に注目

ニキビケア商品を選ぶ際にニキビの効果的な成分が含まれているものを逆引きで選ぶというのもアリ。

 

 

気になった成分が含まれているニキビケア化粧品を使ってみると、功を奏することも。
ただやっぱり自分の肌にあうあわないがありますから、まずトライアセットで試してみるのがいいと思います。
では実際にどういった有効成分がニキビに効果的なのかご紹介します。

 

有効成分一覧へ移動します

 

【男性必見】コスメ用語解説

 

女性であれば無添加やパラベンフリーなどの意味を知っている方が多いと思いますが、男性は化粧品を使うことも少ないと思います。
そこでこれからニキビケア化粧品でニキビを治そうと考えている男性へ化粧品でよく使われる「無添加」「○○フリー」などの意味をちょっとご紹介します。

 

無添加

先ほどからちょくちょく出ている無添加。無添加とは添加物や合成成分が入っていないことを指すことをイメージされる方も多いと思いますが、実は違います。
無添加とはアレルギーを引き起こす可能性がある102種類の成分が使われていないもの。
ちなみに102種類の成分は旧厚生省が決定しています。

 

自然派・オーガニック

自然由来の食物成分が使われている化粧品のこと。日本には明確なオーガニックコスメの認定機関がないので自然派由来の成分の割合が少なくても自然派化粧品やオーガニックコスメと言われることも。エコサートといった海外のオーガニックコスメ認定機関の認定を得ている化粧品もあります。

 

界面活性剤フリー

水と油は混ざりにくいことはご存知の方も多いと思いますが、この混ざりあわないもを乳化させて混ぜるものを界面活性剤と呼びます。
となると界面活性剤フリーはこれを使用しないとおもわれがちですが、界面活性剤を100%使わないものは基本的にありません。
界面活性剤フリー表記されていた場合であっても、石油系の界面活性剤や合成界面活性剤を使わず天然由来の界面活性剤を使っていることがほとんどです。

 

パラベンフリー

パラペン(パラオキシ安息香酸エステル)とは化粧品の防腐剤として使用される成分です。これが入っていないのがパラペンフリー。
防腐剤と聞くと「危険」なイメージですが、「敏感肌にはパラペンが入っているほうがいい」という意見や「酸化のリスクを考えると使用するべき」などという意見もあり賛否両論なのが現状です。