紫外線がニキビに与える2つの悪い影響をご紹介

シミなどの原因となってしまう紫外線は女性の敵!ほとんどの女性が紫外線対策は行っているのではないでしょうか?
ではニキビに対して紫外線はどうなのでしょうか?

紫外線がニキビに与える影響×2

紫外線の影響

実は紫外線は、実はニキビにも悪影響を与えると考えられています。
では実際に紫外線はニキビにどのような影響を与えるのか?紫外線の主な影響には2つのことが挙げられます。

ターンオーバーの乱れ

1つには、紫外線を多く浴びてしまうと、ターンオーバーに乱れが生じてしまう可能性があります。
この結果、古い角質が、肌表面に溜まりやすくなります。
また肌細胞の入れ替わりが遅くなるために、乾燥などの肌トラブルが起きやすくなります。
肌の乾燥は肌がバリア機能を低下し、皮脂を過剰に分泌させます。この過剰な皮脂によって、ニキビができやすくなります。

角質層が厚くなる

もう1つは、夏の暑い時期に紫外線を多く浴びると、大量の紫外線から肌を守るために角質層が普段よりも厚くなることです。
角質が厚い状態となると、どんなにニキビケアをしていても肌には成分が浸透していかず、その結果肌全体の肌質も悪化していくという悪循環になります。

このように紫外線を多く浴びることで、ニキビが出来やすくなるとともにケアの効果が下がってしまう可能性があるのです。

また、ニキビだけでなく、肌全体にも悪影響があります。肌細胞を老化させシミなどの原因にもなってしまいます。

編集コメ

理想的にいえば、紫外線を浴びないことが、ニキビケアには最善ですが、全く紫外線を浴びないというのは、現実的には不可能なこと。外出する際には、少なからず紫外線を浴びる可能性がありますからね。ですから、紫外線の多い夏は特に紫外線対策はをすることが大切!日焼け止めを塗ったり、外出する際には日傘を利用するなど対策をとってみましょう。