同じ場所に繰り返しできるニキビの原因と3つの改善方法

ニキビが繰り返し同じ場所にできることが少なくありません。
みなさんも経験あるのでは?しかし、どうして同じ場所にできてしまうのでしょうか。

同じ場所に繰り返しできるニキビの原因

そもそもニキビができてしまう原因には、皮脂が多く分泌されていることが考えられます。
そして、場所によって皮脂の分泌量が異なります。皮脂が多く分泌されている部分は、眉間やおでこなど、男性の場合はあごなども挙げられますね。

ですから、このような皮脂分泌量の多い場所では繰り返しニキビが出来やすい傾向にあります。

またニキビができた場所の毛穴はほかの毛穴よりも開いてしまっている状態。
開いた毛穴は汚れが溜まりやすくなってしまいます。さらにニキビが出来たことにより免疫力が低下。
これによりアクネ菌の影響を受けやすくなり、ニキビが出来やすくなってしまうというわけです。

ほかにも一度ニキビができた場所のアクネ菌は深層に入り込んでいたりするため、再発しやすいとも言われています。

ニキビが繰り返しできる原因<まとめ>

  1. 皮脂分泌が多い場所はニキビが繰り返しできやすい
  2. 一度ニキビができると毛穴が開いてしまうため再発しやすい
  3. 免疫力が低下しているためアクネ菌の影響を受けやすい
  4. 深層にアクネ菌が潜んでいるため増殖しやすい

繰り返しできるニキビを改善する3つの方法

繰り返しニキビが出来てしまう場合の3つの改善方法をご紹介します!

繰り返しニキビのケア <洗顔>

まずニキビが繰り返しできないようにするには、毛穴の汚れをしっかり落とすことが大切です。ニキビができた場所は毛穴が広がっているため、汚れが溜まりやすくなってしっています。

そこで溜まった汚れを落とすために洗顔はしっかり行いましょう。
洗顔同様に、メイクが開いた毛穴の中に残ってしまいやすいのでクレンジングも忘れずに!
ただし、一日に何度も洗顔してしまうと乾燥肌の原因にもなってしまいますので注意しましょう!

繰り返しニキビのケア <保湿>

そして肌にしっかりを潤いを与える事も大切。
ニキビの有効成分配合している化粧水や美容液で肌に潤いを与えるとともに、ニキビを作らない肌作りを心がけましょう。
毛穴の開きが目立つ場合は、収れん化粧水を使ってみてもいいと思います。

繰り返しニキビのケア <食生活>

生活面では食生活を見直すのも繰り返しニキビの予防策につながります
食事をすると血糖値が少なからず上昇しますが、日頃から糖分や炭水化物を多く摂取していると、血糖値が急上昇します。
通常、上昇した血糖値を下げるためにインシュリンというホルモンが分泌されますが、このインシュリンは男性ホルモンを活性化する作用があります。
そのため「血糖値を急上昇させない」、つまり過剰に糖分や炭水化物を取り過ぎないように注意すること、男性ホルモンによる過剰な皮脂分泌を防ぐことにつながります。

編集コメ

女性の場合は、ホルモンバランスの乱れやすい生理前には、特に肌の状態が変化します。ニキビができやすい状態であるため、この時期には特に注意することをおすすめします。