マラセチア菌とニキビの関係を紹介!アクネ菌との違いは?

マラセチア菌という菌をご存知ですか?マラセチアはアクネ菌と同様に皮膚に住む常在菌の一種。

マラセチアは、特にヒトの顔面、頸部、前胸部などの脂漏部皮膚の常在真菌で、澱風や毛嚢炎の起因菌、あるいは脂漏性皮膚炎などの皮膚疾患の増悪因子としても知られている.

引用:マラセチアとアトピー性皮膚炎

アクネ菌がニキビの一般的な原因ということは多く知られていますが、このマラセチア菌はニキビの原因になりえるのでしょうか?

マラセチア菌は体にできるニキビの原因に?

マラセチア菌は汗をかいたり皮脂が増えると

前述したとおり常在菌でもあるマラセチア菌は私たちの皮膚に住み着いています。
マラセチア菌は、体の皮脂や汗などが増加するとマラセチア菌も増加し肌に影響を与えています。

ではマラセチア菌が与える肌への影響とはどんなものがあるのか?
一番気になるのがニキビだと思いますが、マラセチア菌が引き起こすのはトラブルはニキビではなくマラセチア毛包炎と言われるものです。

マラセチア毛包炎とは?

出典:勘違い注意!ニキビと間違えやすい皮膚トラブル

毛包炎とは、毛包に細菌が感染し症状が現れるものを指します。ですからニキビも毛包炎の一種。
マラセチア毛包炎の場合は、その名の通りマラセチア菌が毛包に感染するというものです。

マラセチア毛包炎は高温多湿や多汗さらには衣類や油脂で覆うことでマラセチアが毛包内で増殖して生じる。また、ステロイドの使用により毛包内に常在しているマラセチアが増殖するため、ステロイドを使用している症例において?瘡様皮疹が見られた場合、本症を疑って検鏡することが重要である。

引用:マラセチア感染症

マラセチア毛包炎はニキビと違い、体を中心に発症します。またドーム状に赤ニキビが広がり、ほとんど白ニキビのような面皰はできません。

マラセチア毛包炎の皮疹は胸部・背部・肩・上腕伸側に多く分布する。個疹はドーム状の単一な紅色丘疹が特徴で、膿疱化することもあるが尋常性?瘡と異なり面皰はほとんど見られない。症例によっては躯幹・頸部・上腕などの尋常性?瘡とはいささか異なる部位に認められることもある。その他の特徴として、?痒があることが挙げられる。

引用:マラセチア感染症

マラセチア毛包炎は、ニキビとは違いかゆみを伴うのもその特徴。ニキビは痒みがありませんから、体が痒くなって湿疹のような赤いポツポツが現れたらマラセチア毛包炎をまず疑ってみましょう。

マラセチア毛包炎の治療やケア

皮膚科でもらえる抗真菌外用薬が有効

マセラチア菌ができてしまったら、医師の診察を受け適切な治療を受けることをおすすめします。
皮膚科医などの処方している抗真菌外用薬などを塗布することで、割とすぐに改善するケースが多いです。

マセラチア菌は湿気や汗が増えることで増加します。
増加した場合、マセラチア菌毛嚢炎となることが多いため体を清潔に保つ環境作りが大事
汗をかいたら着替えたり、汚れた寝具はこまめに洗濯するなど環境を整えていくことでマセラチア菌の増殖を抑制できます。
特に夏場や汗っかき、オイリー肌の方はしっかり清潔な環境作りを心がけましょう。

マセラチア菌が引き起こすのはマラセチア毛包炎以外にも

出典:wikipedia

マセラチア菌が原因で引き起こす肌トラブルに「癜風(でんぷう)」と呼ばれるものがあります。

癜風はMalasseziafurfurの寄生によって起る疾患癜であり、自覚症状はほとんどなく、皮疹は比較的境界鮮明で、粃糠様の鱗屑を伴い、その表皮角質層内には多数の菌要素が認められ、熱帯、温帯地方に多く、わが国でも夏季に多くみられる。

引用:癜風における色素異常の研究

癜風とは皮膚の確執が剥がれ落ちる鱗屑(りんせつ)がおこり、色素異常が現れます。この色素異常には、ベージュ色に変種食する淡褐色斑か白っぽく変色する脱色素斑があります。

癜風もマラセチア毛包炎同様に、胸や背中、肩、そして二の腕に現れ、20代から40代の男性に多くみられます。
冬場はあまり目立ちませんが、夏場に発症、悪化することがあるのも癜風の特徴です。痛みやかゆみといった症状はほとんどありません。

癜風治療法としてはマラセチア毛包炎同様、抗真菌外用薬がよく使われます。抗真菌外用薬を塗布することで、比較的すぐに引いていきます。
ただし色素沈着が残る場合もあるため、なるべきはやく皮膚科を受信しましょう。