ニキビケア化粧品を徹底的に批評します!

「アクネ部」では、数あるニキビケア化粧品のトライアルセットを実際に使って本音で批評!そのなかでも特におすすめできるニキビケア化粧品をランキングでご紹介したいと思います!

 

ニキビケア化粧品おすすめランキングはこちら
ニキビケア化粧品おすすめランキングへ

 

当サイトで読まれている記事はコチラ

ニキビケア化粧品ランキング

アクネ部ではニキビケア化粧品のトライアルセットを実際に使ってそれぞれの基礎化粧品を3人で評価。その平均点からトライアルセット自体の評価を決定しています。その評価の高かったニキビケア化粧品ベスト3をランキング形式でご紹介します。

 

 
ルナメアAC

ルナメアAC

フジフィルムの技術が詰まったルナメアAC。ニキビケア化粧品としては、かなり有名ですが・・・評判は嘘じゃなかった。
フルライン通して好評なのがランキング1位の理由!とくにファイバースクランブルという繊維状のスクランブルが使われている洗顔は満場一致で大絶賛でした。ニキビに悩んでいる方に自信を持ってオススメできるニキビケア化粧品です。

トライアル価格 1000円
アクネ部評価 (4.5/5点中)
お試し期間 1週間
トライアルセット内容

  • ファイバーフォーム 15g
  • スキンコンディショナー(ノーマルタイプ) 30ml
  • スキンコンディショナー(しっとりタイプ) 3ml×2包
  • ジェルクリーム 12g

 
 
ノブ
(ACアクティブ)

ノブACアクティブ

ノブACアクティブはゆうこさんが湿疹ができて皮膚科に行ったとき、ニキビのことを相談すると「ニキビ気になるならこれ使ってみれば?」といってサンプル品をもらったことがきっかけでトライアルセットを購入したニキビケア化粧品。
皮膚科の先生がすすめて来るだけあってアクネ部のハードルも上がったのですが、しっかり超えてきました!

トライアル価格 1000円
アクネ部評価 (4.46/5点中)
お試し期間 1週間
トライアルセット内容

  • ACアクティブ クレンジングリキッド 20ml
  • ACアクティブ ウォッシングフォーム 15g
  • ACアクティブ フェイスローション モイスト 20ml
  • ACアクティブ モイスチュアミルク 6ml
  • ACアクティブ フェイスローション 2ml×2個

 
 
FDR
(アクネケア)

FDRアクネケア

ファンケルの無添加「FDR」シリーズのアクネケアライン。トライアルセットの価格、現品の価格ともに非常にリーズナブル。
しかもトライアルの内容量が1カ月分なのでしっかり試せます。FDRシリーズで特におすすめはクレンジング!

トライアル価格 1,000円
アクネ部評価 (4.33/5点中)
お試し期間 30日
トライアルセット内容

  • マイルドクレンジングオイル <メイク落とし>
  • 洗顔クリーム <洗顔料>
  • 化粧液<化粧水>
  • ジェル乳液 <乳液>
  • アクネケアエッセンス <部分美容液>

 

 

その他のニキビケア化粧品はこちら

ニキビケア化粧品の選び方

「ニキビケア化粧品はどんなものを使えばいいのか?」

 

ニキビケア化粧品を選ぶ際にまず知っておきたいのhが「ニキビができるメカニズム」です。ニキビができるメカニズムは毛穴に皮脂が詰まり、毛穴が塞がってしまうと発生します。

 

にきびの最初の症状は、面皰(めんぽう)という皮脂が毛穴にたまった状態です。
引用:日本皮膚科学会

 

そしてこの毛穴の皮脂にアクネ菌が感染すると炎症が起こり症状が悪化します。このアクネ菌は皮膚に住む常在菌ですから、アクネ菌を0にするのは不可能。

 

ですから、ニキビケア化粧品を選ぶ際にはニキビの元凶となる「皮脂」「毛穴」に対してアプローチができるものを選ぶのが最善です。
それではニキビケア化粧品の中でも、最もオーソドックスで重要な「クレンジング」「洗顔」「化粧水」を選ぶ際、使う際のポイントをご紹介します。

 

ニキビケアのクレンジング選び

ニキビケアのクレンジング
女性向けとなりますが、まずはクレンジング。
メイクはニキビによるQOL(クオリティオブライフと呼ばれる生活の質のこと)への影響を防いでくれるため推奨されてます。
ただメイク残り(粉体)が毛穴に詰まってしまうとニキビの原因となりますから、しっかり落としておかなければいけません

 

クレンジングはどんなものをつかうべきか
ニキビケアのクレンジングを選ぶ際にはまず肌に優しいもの。そしてアイメイクなどもしっかり落とせるものを選ぶようにしましょう。
力をいれてこすらなくても落ちるものが理想。
シートタイプのものは、ダメージを与えてしまう恐れがあるので使用は控えたほうがいいでしょう。
ニキビケアのクレンジングとしては敬遠されがちなオイルタイプですが、「ニキビへの影響はなく逆に安心して使うことができる」という報告もあります。

 

オイルクレンジングで?瘡の個数は改善し、クレンジング使用による悪化はなかったとする報告が、日本から出されていることから、オイルクレンジングを悪化因子とする根拠はなく、むしろ安全に使用できるメイク落しの一つの候補となる。
引用;尋常性?瘡治療ガイドライン 2016

 

オイルクレンジングは落ちもいいので、使用感が苦手でなければおすすめです。

 

ニキビケアおすすめクレンジング


ファンケルの無添加FDRシリーズ(アクネケア)のマイルドクレンジングオイルがアクネ部では最も評価の高く、使用感も素晴らしいのでおすすめ。
オイルクレンジングでメイクの落ちもよく、べたつくこともさっぱりしすぎるということもありません。現品価格も1700円(120ml)とリーズナブルなのも高評価な理由。

メーカー ファンケル(無添加FDR)
商品名 マイルドクレンジングオイル
アクネ部評価 5/5満点中
(クレンジング評価ランキング1位)
トライアルセット価格 1000円(税込)
現品価格 1700円(税込)

 

ニキビケアの洗顔料選び

ニキビケアの洗顔料
ニキビケアの化粧品の中で特に重要なのが洗顔。
洗顔の役割は「毛穴に詰まった皮脂や汚れを落とす」「余分な皮脂を洗い流す」とニキビケアのプロセスの中でももっとも大切なポイントを担っています。
その洗顔料を選ぶポイントですが、これは賛否両論あるものの、アクネ部ではニキビケアの洗顔料はスクラブ配合をおすすめします。
洗顔料にはどうしてスクラブ配合がいい?

 

どうしてスクラブ配合の洗顔料がおすすめかというと、スクラブ配合の洗顔料のほうが皮脂に対する洗浄力が高いという実験結果があるからです。

 

市販スクラブ洗顔料とそのスクラブ粒子を除いた同洗顔料ベースの洗浄力を一定の力の下に洗浄撹拌回数を変えて調べたものである。どちらも洗浄撹拌回数が増加するに従い洗浄率は上昇し飽和に達しており、スクラブ入り洗顔料とベース洗顔料の洗浄率の差は少ないようにみえる。しかし、洗浄後の残存モデル皮脂の状態を調べてみると皮溝中の皮脂の残り方が大きく異なっており、スクラブ粒子が皮溝中の皮脂に対して有効に働いていることがわかる。そこで、これを皮溝洗浄率で表してみると、スクラブ粒子による洗浄効果の違い明らかとなった
引用;皮膚洗浄における物理洗浄粒子の機能と設計

 

この実験によると、同成分のスクランブルが入っている洗顔料と入っていない洗顔料を使い、同じ力で洗顔したところ皮溝中の皮脂にはスクランブル配合の洗顔料が有効だったというもの。
皮溝とは、皮膚にある溝のこと。
この皮溝と皮溝の間に毛穴があるので、毛穴の中の皮脂をよく落とせるのはスクランブル配合の洗顔料となります。
また同論文には、肌への影響も少なくメイク残りなどの粉体への汚れへの洗浄力もあったことがかかれており、ニキビケアの洗顔料としてスクラブはとても有効だと思われます。

 

オイリー肌(脂性肌)の方の場合、脱脂力にも注目しましょう。

 

オイリー肌には脱脂性の高い洗顔料を

 

オイリー肌は、通常の肌に比べ常在菌が多く存在しているといわれています。これはニキビの炎症を招くアクネ菌も多く存在しているということ。
またオイリー肌は皮脂分泌量が多いという意見もありますので、脱脂力の高い洗顔料で肌の正常化を図ることでニキビケアへとつながります。

 

続いて洗顔する際の注意点ですが、日本皮膚科学会のガイドラインによると洗顔は一日2回が好ましいとのこと。

 

洗顔回数による皮疹数には統計学的な有意差はないが、1日2回の洗顔を1日1回にしたことで悪化した症例が見られたこと、1日4回の洗顔を行った群では脱落例がみられたことを報告している。皮脂の除去による?瘡予防効果は合理的な根拠があると考えられ、1日2回の洗顔を推奨する。
引用;尋常性?瘡治療ガイドライン 2016

 

このことを踏まえて朝と夜、肌に刺激を与えないように優しく洗いましょう。

 

ニキビケアおすすめ洗顔料


ファイバースクラブという糸状のスクラブが入っているルナメアACのファイバーフォーム。洗い上がりもさっぱりしていて、潤いも残っている感じ。
そしてしっかり皮脂を洗い流せる洗浄力も備わっているので、ニキビケアの洗浄料としては最適だと思います。現品も80g1,800円と購入しやすい価格なのも◎。

メーカー フジフィルム(ルナメアAC)
商品名 ファイバーフォーム
アクネ部評価 5/5満点中
(洗顔料評価ランキング1位)
トライアルセット価格 1080円(税込)
現品価格 1800円(税込)

 

ニキビケアの化粧水選び

ニキビケアの化粧水
最後は化粧水。化粧水といえば保湿ですが、保湿することでニキビの直接的な改善になることはありません
よく「保湿することで肌のバリア機能が上昇しニキビが改善する」というようなことがサイトや雑誌にかかれていますが、この説に医学的根拠はないそうです。

 

?瘡患者では、健常人と比較して、セラミド量の減少や経表皮水分蒸散量の増加、保水量の減少が見られる。このことから皮膚のバリア障害によって毛漏斗の角化異常を介して面皰が形成されるという説がある。しかし、現時点では保湿が?瘡を改善するという直接的な医学的根拠はなく、バリア機能を保湿剤で補完することで?瘡が改善するという臨床的エビデンスもない。
引用;ニキビの発症メカニズム,治療,予防

 

では、保湿はしなくてもいいのかというとそうではありません。
上記の論文にもあるようにニキビになると、角層細胞間の間にある成分のセラミドの量が少なくなったり、経表皮水分蒸散量(肌から水分が逃げる量)が増えたりするのは事実。
ですからニキビの直接的な改善につながらなくとも、乾燥対策として保湿は大切です。

 

ニキビの原因ではなくニキビが悪化する原因
肌の乾燥は、かゆみを誘発する恐れがありますし、ニキビの炎症を起こしやすくするという意見もあります。ニキビを掻いてしまうと外部刺激となり悪化する恐れもありますし、炎症を起こして赤ニキビとなってしまうとニキビ跡のリスクが高まります。
ですからニキビの症状を悪化さえないためにもしっかり保湿を行いましょう。

 

それではニキビケア向けの化粧水ですが、まずしっかり保湿できるもの。ただしべたつくものは避けましょう。
特にオイリー肌の方は、オイリー肌が加速する可能性もありますので、さっぱりとした化粧水を選んで使うといいと思います。

 

またニキビに対する有効成分が含まれているものを利用するといいでしょう。基本的にはニキビケア化粧品には有効成分が配合されています。
ただこればかりは使ってみないとわかりませんので、トライアル化粧品を試してみて経過を見てみるといいと思います。

 

ニキビケアおすすめ化粧水


皮膚科でも販売されているノブのACアクティブ。化粧水は少しとろみのあるテクスチャーですがべたつかずしっかり潤います。
ノブACアクティブの化粧水の使用感もいいのですが、トライアルセットにはノーマルタイプ(さっぱり)とモイストタイプ(しっとり)の2種類が入っているので、自分の肌質に合わせて試してみることができるというのが魅力です。

 

メーカー NOV(ACアクティブ)
商品名 フェイスローション
アクネ部評価 4.5/5満点中
(化粧水評価ランキング1位)
トライアルセット価格 1,620円(税込)
商品価格 3,240円(税込)

ニキビケア化粧品はトライアルを「まず使ってみる」

アクネ部でも色々なニキビケア化粧品を試しましたが、ニキビ改善の効果はかなり人による部分が大きい。

 

効果や使用感は人それぞれ

 

ちょっと「ニキビケア化粧品の選び方(化粧水)」でも書きましたが、ニキビケアに効果があるといわれる成分であってもその効果には個人差があります。
例えば効果的とされるビタミンC誘導体が配合しているものを使っても「イマイチ」という場合があります。
逆に敏感肌の方であったも、ちょっと刺激が強いとされるサリチル酸が「スゴク肌にあった」という場合もあります。

 

ですからまず使って効果や使用感を試してみるということがとても大切。

 

最善策は使ってみる

 

まず使ってみるという意味でとても便利なトライアルセット
当サイトでご紹介しているニキビケア化粧品はリーズナブルなトライアルセットの用意、あるいは返金保証が備わっているものしか紹介していません。
ですからまず気になった商品入ったものがあれば、まずトライアルセットを実際に使ってみて使用感やその効果を試してみてください。

 

ニキビケアトライアルセットを使う上での3つの注意点

ではそんな便利なニキビケア化粧品のトライアルセットを使う上で注意しておきたい3つのポイントを知っておきましょう!

 

合わなかったら即中止!

ニキビケア化粧品を実際に使ってみると、炎症が起こったり、ニキビが増えたりなど合わない商品が稀にあります。
その場合は即座に使用を中止してください。
「使っているうちに治る」や「最初は増える」と考える方も中にはいますが、結果使い続けても悪化することが大半です。
ですから、自分の肌に合わいと感じたニキビケア化粧品は無理に使わずに使用を中止することをオススメします。

ニキビは潰さない!

ニキビケア化粧品利用時にニキビが急激に増えてしまった時は「肌に合わない」ことが疑われますが、使用前などにできてしまったニキビは潰さないでおきましょう。
二キビをつぶ行為自体は賛否両論ありますが、潰してしまってはニキビケア化粧品の本来の効果がわからないことが多々あります。
使用前にできてしまっているニキビは潰さずにニキビケア化粧品で様子を見てみることをおすすめします。

並行して使わない!

ニキビケア化粧品のトライアルセットを何度も注文するのが面倒な方は一度にいくつかまとめて買う場合があると思います。
これ自体は全く大丈夫。ただ並行して使うのはやめましょう。
まれに朝は○○夜は△△、今日は××明日は○○といったようにいくつか掛け持ちして使う方がいますがこれではどのニキビ化粧品で効果があったのかわかりません。
なので一つずつ効果をチェックするようにしましょう。

ニキビの種類に応じたニキビケア

 

ニキビには大きく分けて2つの「大人ニキビ」「思春期ニキビ」の2つのニキビがあります。
思春期ニキビはその名通り、10代の方に多いニキビ。大人ニキビは20代をすぎてできるニキビのこと。
勘違いされがちですが、思春期ニキビ、大人ニキビともに出来るメカニズムは同じで、毛穴に皮脂がたまるというものです。
では思春期ニキビ、大人ニキビそれぞれの特徴とニキビケアのポイントを紹介したいと思います

 

思春期ニキビ

その名の通り、思春期にできるニキビ。早い人で小学生高学年くらいからでき始めます。
最初は額にでき、次第に顔を下がるように頬、あごへと移動するように発症します。思春期は皮脂の分泌量が多いため、それが原因となりニキビができてしまいます。
デリケートな思春期時期ということもあり、触って悪化させてしまったり、QOLへの影響も大きいため、早めのケアを行うのが最善です。

 

思春期ニキビのケアのポイントは、皮脂をいかに抑えてるかが重要です。また大半がオイリー肌のため、脱脂性の高い化粧品でニキビケアを行いましょう。
また運動部などに所属している場合、皮脂に合わせてほこりなどが皮膚に付着しているため、洗顔(1日2回)をしっかり行う必要があります。

 

大人ニキビ

20代をすぎてできるニキビのことを大人ニキビといいます。大人ニキビは思春期ニキビとは逆にフェイスラインにできることが多いのが特徴です。
大人ニキビの原因は生活習慣の乱れ、ストレス、偏った食事、誤ったスキンケアなど様々。
男性よりも女性にできやすい傾向にあり、燥肌の方でも発症するのも大人ニキビの特徴です。

 

大人ニキビも基本的には皮脂を抑制するニキビケアが有効です。
ただ食生活の乱れや睡眠不足などに原因がある場合は、原因を改善しなければ再発する可能性が非常に高いので、生活の改善を目指しましょう。
またスキンケア自体に原因がある場合もあり、「治らない」「何度も繰り返し出来てしまう」という場合はスキンケアを見直してみることも大切です。
大人ニキビは乾燥肌でも発生するケースが多いため、ニキビを悪化させないためにも保湿対策はしっかり行いましょう。オイリー肌の方の場合は、脱脂性の高い化粧品でケアするのがベストです。

ニキビケア化粧品レビューチーム「アクネ部」とは?

もともと個人で始めたHPでしたが現在3名でニキビケア化粧品のレビューを行っています。

アクネ部メンバー紹介

アクネ部のレビュー

アクネケアでは使用したニキビケア化粧品のトライアルセットの画像とレビューを掲載しています。
画像に関しては素人が撮影しているので、正直下手くそです(笑)かなりブレているものも掲載していたりもします。
ただしレビューはあくまで本音。すべてのトライアルセットは3人で試して、執筆は代表者がお試し期間の間しっかりつかってレビューを書かせていただいてます。

 

使ったことのない化粧品はおすすめしない!!

どんなに口コミの評判がよかろうが人気商品だろうが、使っていないニキビケア化粧品は紹介しません!!他のランキングサイトで評判なニキビケア化粧品であっても「自分たちでまず使ってみる」をモットーにランキングを作成します!

 

トライアルセットが無いものはおすすしません!!

ニキビケア化粧品に限らず化粧品は肌に合う合わないが絶対にあります。ですからトライアルセットで「自分の肌に合うか?」試めすことができるのは本来当たり前だと思うんです。いきなり現品購入という化粧品は個人的にかなり不親切だと思います。
ですから基本的にはトライアルセット、返金保証がついていないニキビケア化粧品は紹介しません。